校長あいさつ

2020年4月1日

 

学校の教育目標『豊かな心をもち たくましく生きる子』校風(合言葉)  『 夢をもって「前へ」』

 


コミュニティ・スクール~地域と共にある学校をめざして~

 

 13名の新入生のみなさん
入学おめでとうございます!
児童88名+職員21名で新年度スタートです。

 

 

 


    暖かな春の日差しのもと,校庭の花々も咲き誇り,令和2年度が幕を開けました。お子様の御入学

おめでとうございます。今年度は特別なスタートになりました。入学式も限られた中での式となりました

が、13名の元気な返事や背筋の伸びた姿をみて、頼もしく感じました。新入生保護者の皆様、ご理解

 

ご協力をいただきありがとうございました。

 進級した子どもたちは、新しい学年、新しい学級で新担任と共にスタートしました。本日、短時間では

ありましたが、子どもたちも仲間との再会や会話に心はずませたことと思います。私たち職員も入学、

進級した子どもたちと対面、学級開きを行い、心新たにがんばろうと気持ちを高めました。

 

 今、子どもたちは、1年間で最もがんばろうという気持ちを高めています。自分の目標に向かって精一

杯努力しようと考えています。学校では、子どもたちのこの今の気持ちを大切にしながら、今年度もすべ

ての子ども達が「夢をもって『前へ』」進むことができる教育活動を行います。
  本校は、コミュニティ・スクールとして、保護者・地域のみなさまに継続的に教育活動を支援していただ

いています。昨年度も地域の方々に野菜や米づくり、町たんけんなどの先生としてふるさと学習の支援

や、校庭の草刈りや木の剪定などの環境支援、登下校の見守りなどの安全支援をしていただき、大変

お世話になりました。また、学校運営協議会の皆様には、子どもたちの学習活動や学校環境について

貴重なご意見をいただき、学校経営に反映させていただいています。たくさんのご支援、ご協力をいた

だき、ありがとうございました。
  今年度も、コミュニティ・スクールとして地域と共にある学校をめざし、保護者・地域のみなさまと一緒に

子どもたちを育てる広幡小づくりを進め、さらに教育活動の充実に努めます。みなさまのご理解とご協力

をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

 

教育活動を進めるにあたり、広幡小学校では、今年度も次の3つのことを皆さんにお約束します。

 

 

 

【広幡小学校の3つの約束】

 

 

 

1.広幡小学校の職員は、子どもに寄り添った指導をします

学校で最も大切なのは、子ども達の笑顔です。広幡小学校の職員は、子ども達の笑顔をつくるために、子どもに寄り添い、子ども達と共に歩む姿勢を大切にします。

2.広幡小学校の職員は、子どもの夢を大切にします

子ども達が成長していくエネルギーは、「夢」や「目標」をもって生活することです。学校が楽しいという子ども達は、「こんな自分になりたい」「こんなことをがんばりたい」と思う子ども達です。「夢」や「目標」を子ども達がもてるように、そしてその実現に向かって成長できるように、広幡小学校の職員は、今年も「夢をもって『前へ』」を合い言葉に指導を行います。

3.広幡小学校では、全職員で全校の子ども達の指導をします

広幡小学校では、21名の職員が88名の子ども達全員の指導にあたります。全職員が、すべての子ども達の笑顔を見たいと考えています。何かあったときには、相談しやすい職員に話をしてください。それに対して学校全体で取り組み、子ども達のよりよい明日を創ります。

 

  

 

            令和2年4月7日           養老町立広幡小学校 校長 渡邊友三郎